経営アドバイス・コーナー
BESTビジネス 3年無償ホームページのご利用はこちらから
大石淸美税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
東海税理士会所属

金融機関との連携

平成24年2月に公表された「中小企業の会計に関する基本要領」は、中小企業の企業実態を表す新しい会計ルールとして急速に浸透してきています。

平成25年4月1日から「信用保証料率の割引制度」が開始となり、従来の「中小企業の会計に関する指針」採用企業に対する保証料率の割引は、平成25年3月末の申し込みをもって、終了となるなど、金融機関でも普及に広がりが見られます。

中小企業会計割引制度

「いわしん会計経営力サポート資金」 (H24.9.3)

資金使途

運転資金及び設備資金

融資金額

1億円以内

融資条件

税理士(税理士法人等)の記名・捺印のある「中小会計要領適用チェックリスト」の提出があること
所定の会計適時開示表明書の提出。並びに税理士(税理士法人等)の確認を受けたことが認められる月次試算表を提出できること
税理士法第33条の2による書面添付がされているか、会計参与制度導入済みであること。
法人の場合、最大0.5%の優遇金利を設定。

詳しくは、弊事務所までお尋ね下さい。

「いわしん会計経営力サポート資金」 (H24.9.3)